トピックス
2019.04.24

私たちのポリシー&強み

コンセプトはコンテンツファクトリー

デザインを気にする前に大切にしたいこと

業者に印刷物やWebサイトの制作を依頼したら、「原稿を提供してください」と言われた。そんな経験はありませんか? また、私どもがお客様から「内容はこのままでいいから、デザインでなんとかしてほしい」と依頼されるケースもあります。これらに共通する問題点は、デザインありきの考え方です。業者の多くがデザイナー中心のメンバー構成になっていたり、デザインの方がぱっと見て分かりやすく、とりかかりやすかったりするため、つい陥りがちですが、まず大切なのは中身・情報(コンテンツ)。もちろん、良い見た目(デザイン)が関心を引き、中身を見てもらうきっかけになることも確かですが、見て、その内容に価値や魅力がなければ、それで終わりです。基本はコンテンツファースト。良質のコンテンツがあってこそ、良いデザインも生かされます。

中身(コンテンツ)から考えるのが私たちのクリエイティブ

印刷物、Webサイトなど、何を作るにしても、そこには「集客したい」「顧客を獲得したい」「売上を増やしたい」「ブランドイメージを良くしたい」といったお客様の思い、目的があります。それは裏返せば、お客様が抱えているお困りごと、課題でもあります。その思いや目的を達成するため、お困りごとや課題を解決するために必要なのがコンテンツです。私たちが、制作をご依頼いただいたお客様に原稿の提供を求めることは基本的にありません。原稿、すなわち中身・情報(コンテンツ)こそが、コミュニケーションやプロモーションの肝であり、コンテンツから考え、創造することに私たちのクリエイティブの本質と信条があるからです。私たちは、お客様のコミュニケーションやプロモーションの目的、お困りごとや課題をお伺いすることから始め、それにお応えするために必要なコンテンツづくりからお手伝いします。

充実のスタッフ体制でワンストップ&トータルに

コンテンツと一言で言っても、コピーや編集記事といったテキストコンテンツ、グラフィックやイラストといったデザインコンテンツ、スチール写真や動画といった映像コンテンツと、その表現手法は多種多様にあります。また、それを伝達するメディアや方法も、印刷物やWebをはじめ多岐にわたります。重要なのは、そのどれかではありません。コミュニケーションやプロモーションの目的、ターゲットユーザーのニーズに合わせて、どんなコンテンツを、どの表現手法でかたちにして、どのメディア・方法で、どういう組み合わせで発信するかを考えること。つまり、ターゲットユーザーの心をつかみ、行動を後押しし、関係性を築くストーリーをご提案することが大切です。私たちの強みは、それをワンストップ&トータルで行えること。クリエイティブディレクター、デザイナー、コピーライター、Webクリエイター、カメラマンからなるスタッフ体制を整え、印刷・フルフィルメント機能を有するグループ会社(ユニバーサルポスト)とも連携して、良質のコンテンツと成果をもたらすストーリーをご提案します。