トピックス
2019.04.24

コンテンツとは?

広告の成否は情報(コンテンツ)の質で決まる

コンテンツはコミュニケーションやプロモーションの種

ここ最近、Webを活用したマーケティングやプロモーションの普及に伴い、「コンテンツ」という言葉がクローズアップされるようになりました。コンテンツマーケティングの生みの親とされるアメリカのコンテンツマーケティングインスティチュートは「コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする」と定義しています。つまり、「コンテンツ」とは、メディアの種類や情報伝達の方法を問わず、全てのコミュニケーションやプロモーションの素となるもの。デジタルメディアが発達し、情報伝達の自由度や情報量が増す中で、情報(コンテンツ)の質の重要性があらためて注目されるようになったということです。

良いデザインも成果もコンテンツから生まれる

チラシを作るか、Webサイトを作るか、どんなデザインにするかの前に、まず大切なのはどんな情報(コンテンツ)を伝えるかということ。その中身に価値や魅力がなければ、どんなメディアに載せても、どんなデザインで着飾っても、誰かの心を動かすことはできません。だから私たちは、いつもコンテンツから発想します。コミュニケーションやプロモーションの目的とターゲットを明確にしたうえで、目的を達成するため、ターゲットのニーズに応えるため、どんな情報(コンテンツ)が必要かを考える。そして、印刷、Web、映像の各メディアの特性や利点を考慮し、どのメディア・方法を使って、どんなタイミング・順番で発信するのが効果的かを考える。お客様の価値や魅力が、お客様のお客様(ターゲット)に伝わる質の高いコンテンツを創造し、それを最大限に活用して集客・顧客獲得・販売促進・ブランディングなどの成果につなげることが、私たちのクリエイティブスタイルであり、使命です。